たのこひ屋**しめうさ堂**

手描き手ぬぐい、手染めストールや風呂敷、イラスト、ポストカードなど・・・ 群馬県を拠点として、主にアートイベントで販売している工房のブログです。

噺家さんの手ぬぐい!!

以前、クラフト作家仲間さんのお母様から、
ご友人のお子様が落語家さんになられるので、
お祝いに手ぬぐいをプレゼントしたい。
というご注文をいただいたことがありました。

2枚お作りしてお渡ししたのですが
喜んでいただけたそうで、こちらとしても
ご希望に添えて、ホッとしておりました。


今年11月、その方がいよいよ『二ツ目』に
昇進されるとご連絡をくださり
なんと、
ご自身の手ぬぐいを、しめうさ堂で作りたい。
というご注文をいただいてしまいましたっ!!

厳しい落語家の世界ですから、
いろいろと伝統的な決まり事がありまして
今までの前座の時は、ご自身の手ぬぐいを持つことが許されず、
二ツ目になってはじめて、みなさん高座名入りの手ぬぐいを用意し、
高座のときに使ったり、ご贔屓筋にお配りしたり
できるようになるのだそうです。

そんな大切な手ぬぐいのご依頼とは!!!

ただしめうさ堂は、一人でほそぼそと作って染めている工房ですので
とても1000枚という数をお受けすることはできません。

そこで、デザインだけ作って、手ぬぐい制作は本職の染め屋さんに
お願いすることになりました。


・・・そして、11月1日。
二ツ目ご昇進、おめでとうございます!!!


彼女のお名前は・・・
そう、女性噺家さんなのです。

林家正蔵一門の、林家つる子さんとおっしゃいます。

turuko.jpg

ご覧の通り、すっごい美人さんなんです〜!!!
なんと、講談社主催ミスiD2016、ファイナリストに
名前を連ねているほどの美人さん!!

ありがたいことに、こちらでお知らせするにあたり
お顔入りの写真を送ってくださいました。

林家つる子さんは、地元群馬県高崎市のご出身。
だから、高座名が『つる子』・・・
というわけではないそうです(^^;)
(↑ご自身がネタにされてます(^^))

学生時代からアマチュア落語家として活躍した
実力派だったそうで、ファンの方も多い♡みたいですよ〜

二月には高崎で凱旋独演会も開かれるようです。

turukotenugui2.jpg

turukotenugui1.jpg

あ、遅ればせながら、こちらがその手ぬぐいです。
鶴舞う形をおおいにアピールしました。
大きく羽ばたいていってほしいです。

白抜きでない鶴がまざってますが、よく見ていただくと
顔が「つ」下の羽と胴が「る」上の羽根と尾が「子」に
なってます。わかります・・・?

ちなみに、落語家さんの手ぬぐい、
正蔵一門で縦柄は珍しいみたいです。

ぜひ皆さん、これから林家つる子さん
ご贔屓のほど、よろしくお願いします!!!


そして、つる子さん
ありがとうございました。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する