たのこひ屋**しめうさ堂**

手描き手ぬぐい、手染めストールや風呂敷、イラスト、ポストカードなど・・・ 群馬県を拠点として、主にアートイベントで販売している工房のブログです。

『藍の生葉染め体験』

8月のある日、高崎市染料植物園で行われた
『藍の生葉染め体験』に参加してきました。

昨年は一人での参加でしたが、この体験講習は
子供も一緒に参加できるので、今回は5歳になったチビも
連れて行きました。
定員20人の半分くらいが、小学生以下の子供たちでした。

藍は生の葉を砕いて、水と攪拌し、その液で
簡単に絹を染めることができるのです。

まずは、輪ゴムで絞りを入れます。

それから園内にある藍の畑から、葉を摘んできます。

普通は染める布の3倍重量の葉を用意しますが
今回は天候と葉の生育状況が良くなかったので
多めの8倍量を、各自つみ取ります。

青々として元気な葉を選び、茎や花は染まらないので
それを省き、ミキサーでくだきやすいように
手でちぎります。

IMG_5274.jpg

その間に絹布は水に浸しておきます。


IMG_2944.jpg

ミキサーで砕いて、漉した染め液に布を浸けます。
ゆっくり攪拌しながら10分。
長く浸けても色は濃くならず、くすんでくるだけなので
時間になったらすぐにあげます。


IMG_5520.jpg

薄めたオキシドール液に浸けます。5分。
より早く定着させるためなので、
しなくても大丈夫です。


IMG_3099.jpg

絞りの輪ゴムを取り、その後流水でさらします。


IMG_7836.jpg

干してできあがり。
本当は天日に干した方が、
きれいな色に仕上がります。

2時間ほどの講習で、簡単に染め上がります。

とっても楽しかったです。

庭でも藍を育てているので、ストールなど
染めて販売できるかな〜と思ったのですが
耐性がかなり弱いようで、ちょっと考え中です・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する