たのこひ屋**しめうさ堂**

手描き手ぬぐい、手染めストールや風呂敷、イラスト、ポストカードなど・・・ 群馬県を拠点として、主にアートイベントで販売している工房のブログです。

番外編:とっこ遊び〜!!

今日はしめうさ堂のことではないのですが・・・

まだわしが幼稚園児くらいだった頃、おばあちゃんの家に行くと
伯父伯母が遊んでくれた『とっこ遊び』。

多分同世代の人でも、知らない方が多いと思います。

一回遊ぶともう使えないものなので、買いためてあったものが
一枚減り、二枚減り・・・とうとう最後に
「これで終わりだからね」と言われ、その後探しても
どこにも売っていなかった『とっこ遊び』。

今でも気にかけて、探していたのですが
つい最近、ある方のFBに載っていてビックリ!!
「富岡ではフツーに売ってるよ」
というので、買ってきてもらっちゃいました!

とっこ

こちらがその『とっこ』です。
遊び方が記憶の彼方・・・なのですが
祖母の家では、殻付きピーナツを使っていたような・・・

たしか、真ん中の6つの家紋に
(そのうちのひとつに「とっこ」とあるので
通称『とっこ遊び』というらしい)
手持ちのピーナツを賭けて、周りの“こより”を
順番に開いていき、賭けてあるものと同じが紋が出たら、
そこにあるピーナツをもらえる・・・
という遊び方だった気が・・・

調べてみたら、ドンピシャ!でした。
さらに両側の“こより”をひとつずつ開いて、合えば勝ち
という神経衰弱的な遊び方もあるみたいです。

こちらの『とっこ』江戸時代から続く遊びだそうで
我が家のチビも見るなり「遊ぶーー!」と大騒ぎ。

写真

ピーナツがないので、飴を代用。
チビはずるが多い・・・(=_=;)
さらに、延々と開きたがる・・・。
大人の事情(もったいない)で、
途中で強制終了させました。

母も「なつかしいね〜」と大喜び。
遊んでもらった伯父伯母にも、見せたいと思います。
・・・弟は覚えているかなあ。

今もひとつひとつ手作業で、作られているのでしょう。
貴重な品、ありがとうございました!!!






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する