たのこひ屋**しめうさ堂**

手描き手ぬぐい、手染めストールや風呂敷、イラスト、ポストカードなど・・・ 群馬県を拠点として、主にアートイベントで販売している工房のブログです。

藍の生葉染め体験

先日、高崎の染料植物園にて
半日体験の「藍の生葉染め体験」に参加してきました。


藍染と呼ばれるものは、一般的に、
天然染料である藍の葉を使って、それを醗酵させ
「蒅(すくも)」という状態にし、
さらに甕で醗酵させたもので染める、という・・・

とても手間がかかる方法です。


一方、生葉染めは、藍の葉を生のままちぎって
ミキサーでジュース状にし、
その中に布を浸して染める方法で
割と手軽にできます。
そのため、今回は小学生以上の子供も対象で
親子で参加ができるプログラムとなっていました。


ただし簡単な分、生葉染めでは、
シルクしか染まらないそうで、
さらに、天気のいい日、いい状態の葉でしか、
きれいな色が出ない。ということでしたが、
この日はこんなにきれいな碧に染まりました。

moblog_2f839333_20120823211920.jpg


まさに「甕覗き」色です。

「甕覗き」色とは・・・
藍染めは何度も染めを重ねることで
濃い藍色にしてゆきますが、一回目、さっと染めた
淡い藍色を「甕覗き」色と言います。

水瓶を覗いたときに、暗い水底に淡く映る青・・・
をイメージした色名です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

綺麗な色ですね。日本人のネーミングのセンスって素晴らしいと思います。

「甕覗き」いいですね〜

亀の翁でも亀の尾でも亀の王でもなく。。。(^^;)

spooky | URL | 2012-08-11(Sat)08:50 [編集]


Spookyさん、こんにちは

「甕覗き」という
甕に入ったお酒もあります〜(^^)

亀の王、亀の翁、亀の尾、いいですね〜‼

しめうさ堂 | URL | 2012-08-14(Tue)17:35 [編集]